会場調査モニターとは?募集サイトおすすめ5選!

会場調査モニターとは?募集サイトおすすめ5選!

近年副業をする人も増え、特に気軽にポイントサイトなどを利用して副業する人が増えました。その副業の中でも会場調査モニターをご存知でしょうか。ポイントサイトのように小さなお金をちょっとずつ増やしていく方法とは違い、会場調査モニターは案件自体が高額だったりします。そこで今回は、会場調査モニターについて詳しくご紹介いたします。

会場調査モニターとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

会場調査モニターとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

会場調査モニターとは

会場調査(CLT=Central Location Test)とは、あらかじめ用意した会場で、調査対象者から、製品や広告、サービスの調査を行う調査方法のことです。例えば、製品やサービスを試した使用感を聴取したり、売り場を似せた製品のパッケージなどを評価させたり、アンケートによって定量的にデータを収集します。

調査対象者が実際に製品や対象者に「触れてもらったり」「食べてもらったり・飲んでもらったり」「見てもらったり」短期間でよりリアルな評価を会社側が獲得することができます。よって調査対象者は見たり触れたりアンケートを受けることで謝礼としてお金をもらうことができます。

会場調査モニターの仕事の特徴

仕事の特徴は、指定の日時に指定会場に行き紙のアンケートに回答する調査です、会場では、試食・試飲・試用をしたときの感想をアンケート用紙に記入します。日時や場所が指定されるので誰でも気軽にアンケートをできるわけではありませんが、その分どこでもできるようなアンケートよりも案件自体の単価は高めに設定されています。

会場調査モニターの謝礼は?

会場調査モニターの謝礼の相場は1回につき2,000〜5,000円と言われています。また、案件や調査会社によっては1万円くらいの謝礼がもらえる場合もあります。冒頭でも述べたように、ポイントサイトなどの副業に比べると単価が高く、案件の条件が合えば誰でも参加できるのが強みです。

会場調査モニターの拘束時間

会場調査モニターの拘束時間は、案件や調査会社によって異なりますが、大体30分から1時間で終わることが多いです。先ほどの謝礼を見ても時給換算すると時給2,000円〜10,000円になります。時給換算して考えると普通のアルバイトよりも稼げることがわかりますよね!

会場調査モニターのメリット

会場調査モニターのメリットを3つご紹介いたします。

誰でも気軽に始めることができる

案件の日時や会場が自分の予定にあれば隙間時間を利用してお金を稼ぐことができます。基本的に高いスキルは要求されることがないので誰でも気軽に始めることができます。また、業務の負担が少なく30分から1時間で終わるものが多いので業務が大変!ということはあまりないので安心して始めれます!

新しいものを体験・見ることができる

会場調査モニターは企業側が新商品や市場を試すために行われます。よってまだ誰も知らない新商品の情報や、製品・サービスの体験などを通して知ることができます。目新しいものに飛びつきたくなる方はとても楽しく行うことができるのではないでしょうか。

初期費用などがかからない

基本的に会場調査モニターなどの各種サービス会社に登録する際は、完全無料で始めることができます。完全無料で登録をして案件を受けることができれば、初期費用などかからずお金を稼ぐことができます。なので特に平日も時間が余裕のある大学生などにおすすめです!

会場調査モニターのデメリット

会場調査モニターのメリットを2つご紹介いたします。

人気な募集案件はすぐに終了

先ほどのメリットに誰でも気軽に始めれるかつ、初期費用やスキルがないので会場調査モニターはとても人気な副業とされています。よって会場調査モニターの応募案件の中でも条件が良い人気が高い案件はすぐに応募が終了してしまうので人気案件は参加することが難しいと言われています。

会場調査の各種サイトによって現金化しにくい

会場調査に参加するには、各種サービス会社に登録をして応募することが普通です。しかし、各種サイトの仕様によって謝礼自体をポイントにしていることが多いため会場調査の会場で現金を貰わずサイトのサービス内で謝礼の代わりにポイントを貰うことがあります。その場合現金化するには〇〇ポイント以上といった条件などあるため単価が低いと現金化しにくいです。

会場調査モニター参加の流れ

会場調査モニター参加の流れ

 

会場調査モニターへの参加の流れをご紹介いたします。

⑴各種会場調査モニターに登録

各種会場調査モニターのサービスサイトに登録をしましょう。完全無料で登録できるところがほとんどです。

⑵アンケート一覧で募集案件を選ぶ

アンケート一覧に表示された募集案件を見ましょう。募集案件で自分が参加できるもの・興味があるものを基準に選択しましょう。

⑶募集案件を見つけて申し込み

自分が参加したい募集が見つかったら応募してみましょう。応募の仕方は各種サービスサイトによって異なるのでその方針に従って丁寧に申し込みをしましょう。

⑷応募から選ばれたら連絡がくる

申し込みをしたら結果がくるので、参加対象者に選ばれると内容に間違いがないか確認の連絡がきます。また、各種サービスサイトによって連絡手段などの方法は異なります。

⑸参加の条件などを確認して確定

応募した案件の条件をしっかり確認して問題がなければ確定をしましょう。

⑹会場調査に参加

持参物などがあれば用意をして、当日に会場調査が行われる会場へ行きましょう。時間厳守なので遅刻などには気をつけて参加してくださいね!

会場調査モニターおすすめサイト5選!

会場調査モニターおすすめサイト5選!

 

会場調査モニターのおすすめサイトを5つご紹介いたします。

D STYLE WEB


※引用元:公式ページ

D Style Webは、株式会社アスマークが運営するスマートフォン対応の老舗アンケートサイトです。会場調査や座談会などを多数実施中でそれ以外にも普通のアンケート回答の案件などを兼ね備えています。20年以上も前から運営するD Style Webは多くのユーザーから利用されています。

D Style Webのアンケートの種類は、「会場調査」「座談会・インタビュー」「商品モニター」「Webアンケート」「個別インタビュー」「訪問インタビュー」「郵送調査」「ミステリーショパー」「モニターサンプリング」があり、アンケートの種類は豊富で会場調査以外にも沢山のアンケートに参加することができます。

会場調査は、都内を中心に行われるため地方の方は少し参加するにはハードルがあります。しかし、アンケートの種類は豊富なため、他のアンケートで稼ぐことができます。都内にお住みの方は根気強く応募すれば抽選で参加することができれば一気に稼ぐことができます。

 

会員数 約90万人
交換レート 1ポイント=1円
最低交換金額 銀行振込:2,000ポイント
スマホアプリ なし
ホームページ https://dstyleweb.com/

※2021年11月現在

マクロミル


※引用元:公式ページ

マクロミルは、株式会社マクロミルが運営する日本だけでなく海外にも拠点を置くモニターサイトです。ちなみに株式会社マクロミルは日本株式の最上位の東証一部上場をしている会社でもあります。よって安心して利用することができます。

マクロミルのアンケート種類は、「会場調査」「座談会」「商品モニター」「Webアンケート」「日記形式アンケート」「インタビュー調査」などがあります。マクロミルも会場調査以外にも沢山のアンケートに参加することができます。

スマホアプリもあるため誰でも簡単にスマホから案件を探したり参加することができます。また、マクロミルは稼げるため多くのユーザーが利用しています。また、他サイトよりもアンケート数が多いことも特徴的です。よって継続的に小遣い稼ぎをすることができます。

 

会員数 約130万人
交換レート 1ポイント=1円
最低交換金額 銀行振込:500ポイント
スマホアプリ あり
ホームページ https://monitor.macromill.com/

※2021年11月現在

マクロミルのアプリをダウンロードする

リサーチパネル


※引用元:公式ページ

リサーチパネルは、株式会社リサーチパネルが運営するアンケートモニターサイトです。こちらも親会社が東証一部上場をしている関連会社なので安全に利用することができます。稼ぎやすさはまずまずといったところでちまちま稼ぐにはコスパが悪いなどの意見がありした。しかし、高単価の案件を取ることができれば一気に稼ぐことができます。

リサーチパネルのアンケートの種類は、「会場調査」「座談会」「ホームユースアンケート」「ご紹介アンケート」「日記アンケート」「海外アンケート」などがあります。また、姉妹サイトのECナビと合わせて利用することで一気にポイントを貯めることができます。

リサーチパネルはアンケート量が多い点がメリットと言えます。他サイトと比べて量はトップクラスのアンケート量があるあるため自分に合った案件を選んで進めることができます。単価が安くても継続してアンケートをこなすことでポイントを貯めることができます。

 

会員数 約170万人
交換レート 10ポイント=1円
最低交換金額 銀行振込:3,000ポイント
スマホアプリ なし
ホームページ https://research-panel.jp/

※2021年11月現在

ニフティポイントクラブ(旧ライフメディア)


※引用元:公式ページ

ニフティポイントクラブは、旧ライフメディアの新しい名前に2021の11月に変更いたしました。ニフティネクサス株式会社が運営するポイントサイトです。20年以上の運営実績があるニフティポイントクラブは、信頼性が高いポイントサイトです。

ニフティポイントクラブのアンケートの種類は、「商品・サービスについてのアンケート&モニター」「広告付きアンケート」「事前アンケート」「本アンケート」「座談会」「会場調査」「郵便調査・FAX調査」「ホームユーステスト」「自主調査」など多くのアンケート・モニターの種類があります。

また、他サイトと比べてポイント制限がないところが強みです。一般的なポイントサイトでは、ポイントの有効期限が1年といった仕様が多いですが、ニフティポイントクラブでは1年以内のポイント獲経歴があれば、有効期限を気にせずにポイントを貯めておくことができます。

 

会員数 累計約330万人
交換レート 1ポイント=1円
最低交換金額 銀行振込:500ポイント
スマホアプリ なし
ホームページ https://lifemedia.jp/

※2021年11月現在

info Q

※引用元:公式サイト

infoQは、GMOリサーチ株式会社でGMOグループのうちの1つの会社です。また、海外にも提携モニターを保有するグローバルな調査会社です。セキュリティ面も申し分なく信頼性は問題ないと言えます。

infoQのアンケートの種類は、「Web調査」「座談会」「日記調査」「ホームユーステスト」「海外アンケート」「会場調査」「体験・購入型アンケート」などがあります。

また、ライティングやタイピングでポイントを貯めることができるちょっと珍しいポイントサイトとなっています。infoQはスマホアプリもあり、気軽にアプリで案件を探したり参加したりすることができます。スマホアプリ限定のポイント獲得が合ったりなどコツコツ貯めるのが得意な人はおすすめです。

 

会員数 約70万人
交換レート 1ポイント=1円
最低交換金額 銀行振込:1,000ポイント
スマホアプリ あり
ホームページ https://infoq.jp/

※2021年11月現在

info Qのアプリをダウンロードする

会場調査モニター参加にあたっての注意点

会場調査モニター参加にあたっての注意点

会場調査モニターの参加にあたっての注意点を4つご紹介します。

遅刻・無断欠席はNG

時間厳守は当たり前です。会場調査は決められた人数で正しく行われる必要があり、遅刻・無断欠席をしてしまうと調査の進行が怠り、正確な調査とならない場合だけでなく他に参加されている方にも迷惑をかけてしまいます。約束の時間の30分前には着くように準備をしていきましょう。

※もし当日にやむを得ない理由がある場合は、すぐにでも連絡先まで連絡を入れましょう。もし、遅刻や無断欠席をすると各種サイトのサービスの利用ができなくなるかもしれません。

身勝手な言動はNG

調査現場では司会者や進行管理者がいます。その方に従って調査の進行を行う必要があります。進行役に従わず、身勝手に話をしたり、非協力的な態度を取ると確認すべき内容に漏れが発生して調査自体が成り立たなくなる場合、調査時間が長くなったり他の参加者への迷惑につながります。しっかりと進行役の方に従いスムーズに協力しましょう。

内容の条件違いはNG

実施される調査は事前に参加可能な方の条件が複数設定されています。参加する調査で話した内容から条件違いと推測される場合、その場で中止して帰らされる場合があります。参加型の調査に応募する場合は虚偽の回答やなりすましは絶対にしないようにしましょう。

事前課題などの提出漏れNG

各案件の中には事前に課題の提出をする調査があります。事前課題の提出も含めて謝礼に入っている場合があり、事前課題を提出しないと調査条件に成立しません。よって謝礼が支払われない場合があります。なので必ず内容を確認して事前課題の提出などがある場合は忘れずに提出しましょう。

会場調査モニターに参加しよう!

会場調査モニターについて徹底解説しました。仕事の特徴、謝礼、拘束時間、メリット・デメリット、参加の流れ、おすすめサイト、注意点など、この記事を見れば会場調査については一通り網羅できます!

アンケートモニター形式の中でも会場調査というものがあるのは知らない方が多かったのではないのでしょうか。今ではスマホ片手一つでポイントを集めることができる時代なので、こういった会場調査モニターはしっかりと取り組むことで月数万円という副業にはなると思います。

会場調査モニターについて参考にしてくださると幸いです!

モニターカテゴリの最新記事